意外と長い!?平成の長さは歴代元号で第4位! 雑学:1番長く続いたのは64年の昭和で断トツ1位です

平成
平成の次の元号「令和」が始まりましたね。

皆さんどうですか?
令和に慣れましたか?

私はまだちょっと時間がかかりそうです。

さて、今回は元号に関する雑学をご紹介します。

元号は「大化」から「平成」までの1374年間で、実に247回も変わりました。

そして、その多くは5年前後で改元されています。

コロコロ変わり過ぎですよね。

というのも昔は、疫病が広がったり地震が起きたりすると「縁起が悪い!」とすぐ変えていたんです。

逆におめでたいことがあっても変えていました。

例えば、真っ白い雉(キジ)を見つけて縁起がいいからと元号を「白雉(はくち)」にしたり…

結構やりたい放題ですよね。

明治から「1人の天皇に対して元号は1つ」と定められたので、近年では元号がコロコロ変わらずに長く続くようになったんです。

なので、元号で最も長いのは…

64年の昭和です。
この長さは圧倒的です。

2位は45年の明治。

3位は35年の応永

そして4位が31年の平成です。

正直「平成の31年って短いなぁ」なんて思いませんでしたか?

これは単に昭和が異常に長かったからそう感じているだけです。

なぜ、こんなに長かったかというと…

父親である大正天皇が早くに亡くなり、昭和天皇が若くして即位後とても長生きされたからです。

なんと25歳から87歳まで務められました。
凄いですね。

なので昭和の1つ前である大正は14年と、とても短いのです。

ちなみに、最も短い元号は74日の「暦仁(りゃくにん)」

みじかっ!!

2ヶ月ちょいとか、変わったことさえ気づかない人もいそうですよね。

一説によれば、暦仁(りゃくにん)が略人(りゃくにん)と認識され、この世から人々が略される(死んで消えてしまう)という風評が広まったため変えたそうです。

元号を決めるときは慎重にならないといけませんね。

現在では元号は、漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者が候補を考案して、閣議で決定しています。

一応条件が6つありまして、

■国民の理想としてふさわしいような、よい意味を持つものであること。

■漢字2文字であること。

■書きやすいこと。

■読みやすいこと。

■これまでに元号または送り仮名として用いられたものでないこと。

■俗用されているものでないこと。

あとは頭文字のアルファベットが被らないことですね。

ただ「1人の天皇に対して元号は1つ」とされているにも関わらず、天皇自身で決めることができません。

新しく即位する天皇が自分で決めて発表する方が、しっくりくる気がしますけどね。

それに私が天皇だったら自分で決めたいですもん。

話は変わりますが、平成(ひろなり)と令和(のりかず)という奇跡の兄弟がいるらしいです。

ひろなりさんは平成にちなんでつけられたそうですが、令和(のりかず)さんは全くの偶然だそう…

この兄弟の親御さんに3人目の名前をつけるとしたら、と聞いてみたいですね。

更新日:

関連雑学

Copyright© 雑学のすべて , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.