雑学人気記事ランキング
BEST20

雑学記事のデイリー閲覧数ランキングです

  1. チンパンジー

    人間と同じ!猿にオナニーを教えると死ぬまで続ける 雑学:人間と同じように手で性器を刺激してオナニーします

    「猿にオナニーを教えると死ぬまで続ける」なんて言われていますが、死ぬまでとは言わず猿はオナニーをします。 猿の仲間は人間に近いだけあってか性欲がかなり強いんです。 猿以外にもウシやウマは自分の体にペニ ...

  2. 夜中の勉強

    【新事実】オナニーすると記憶力や集中力が上がる 雑学:オナニーのしすぎと薄毛には医学的根拠はありません

    一般的には「オナニーすると記憶力や集中力が落ちる」 と言われていますが、これは精子と一緒に亜鉛が排出されるからです。 亜鉛は脳の機能を高めてくれる働きがあり、体内ではつくりだすことができないためオナニ ...

  3. 女性のおしり

    1日の中で最もセックスしたくなる時間帯がある 雑学:男性は15時で女性は13時だと言われています

    皆さんはどういった時にセックスしたくなりますか? 私は単純で申し訳ないのですが「精子が溜まったら」です。 そんな時はオナニーでだいたい解消できるのですが、相手がいない時がしばらく続いていると無性にセッ ...

  4. 2個の丸い玉

    男性の金玉は24時間ずっと動いている 雑学:金玉は私たちの想像以上に重要な役割を果たしています

    ちょっと衝撃的ですよね。 ただ金玉は本当に動いています。 男性だとちょっと分かりづらいと思いますが、彼女や奥さんに頼んで手のひらに乗せて観察してもらってください。 わずかですが動いております。 刺激を ...

  5. ゾウのセックスが想像の斜め上をいっている 雑学:ゾウは腰を動かさなくても射精できる能力をもっています

    四足歩行の動物は基本的にメスの後ろからオスが乗っかるようにしてバックでセックスをします。 犬や猫と同じようにゾウもそうなのですが、なんせあの巨体なので普通のバックとは違います。 まず、ゾウのセックスは ...

  6. 昔の若い女性

    14歳の娘が老人に処女をなくしてもらう風習がある 雑学:初夜権という昔の日本にあった悪しき風習です

    初夜権とは、領主や長老などの権力者が新婚夫婦の初夜に、新郎よりも先に新婦とセックスができる権利です。 主に中世のヨーロッパで盛んだったらしいのですが、世界各国でこういったことは行われていたそうです。 ...

  7. 女性の耳

    女性の耳は性感帯!?耳でイク秘密を徹底解明 雑学:耳には女性器と同じ迷走神経が張り巡らされている

    皆さん、迷走神経という言葉を知っていますか? 迷走神経というのは、脳から体のいたるところにくねくねと張り巡らされていて、 神経の中で一番長く様々な体の機能をコントロールしているとっても重要な脳神経の一 ...

  8. 小学生の子供たち

    なるほど!貧乏人は子だくさんの理由がついに判明 雑学:大家族で育つと中立の立場にたつことが上手くなるそうです

    偏見かも知れませんが「貧乏人は子だくさんで、お金持ちは子供が少ない」なんて思ったことありませんか? テレビなどの大家族スペシャルでは決まって貧乏な方が出演されています。 一方、お金持ちの家庭では子供は ...

  9. ラブドール1

    ラブドールの気になる歴史と性処理以外の使い方 ダッチワイフとラブドールの違いとは?

    突然ですが、ダッチワイフとラブドールの違いを知っていますか? 簡単に言えば、ダッチワイフはウレタンやソフトビニールで作られた安価で簡易的な作りのものをさし、 ラブドールはシリコンなどの高級素材で作られ ...

  10. 恍惚の表情の女性

    女性器の中は酸性だけど愛液はアルカリ性 雑学:愛液は男性器の挿入をスムーズにする潤滑油の役割もある

    女性の愛液(膣壁から分泌される液)の役割は大きく分けて2つあります。 1つは男性器の挿入をスムーズにする潤滑油としての役割です。これは皆さん知ってますよね。 もう1つは、意外と知られていないのですが膣 ...

  11. 旧約聖書の絵画

    意外と知らないオナニーのちょいエロ雑学 雑学:旧約聖書のオナンという男の物語

    皆さんはオナニーの語源を知っていますか? それは旧約聖書に登場する「オナン」という男性から由来しています。 オナンには兄がいましたが若くして早死にし、未亡人となった兄嫁とオナンは無理やり結婚させられま ...

  12. 纏足の女性

    中国の奇妙な風習、纏足(てんそく)が怖い 雑学:唐の時代におこなわれた足を小さく見せる風習

    纏足(てんそく)は今から1000年以上前の唐の時代の風習で、幼児期より足の親指以外の指を足の裏側へ折り曲げ、布で強く縛り、足が大きくならないようにしたものを言います。 小さい足の女性の方が美しいとされ ...

  13. 落ち込んでいる男性

    男にとっては生き地獄!女性用風俗は絶対流行らない 雑学:福岡の中洲で全国初の女性用ソープランドがオープン

    ヘルスやソープなどの男性用風俗はたくさんあるのに、女性用風俗はほとんどありません。 女性の方も欲求不満になるわけで、そういうお店があってもいいですよね。 少し昔ですが、そんな女性のニーズに着目して20 ...

  14. 少女と赤ちゃん

    【衝撃】5才で妊娠と出産を経験したリナちゃんの話 雑学:生まれた子供は骨髄疾病を患い40歳で亡くなりました

    1933年、リナちゃんはペルーのアンデス地方の貧しい家庭で生まれました。 5才の時にお腹が大きくなっていることに母親が気づき病院に連れて行くと… なんと!妊娠7ヶ月ということが発覚したのです! 凄くな ...

  15. 黄昏れる男性

    男性の賢者タイムには理由がある 雑学:賢者タイムとは男性のセックス直後の状態です

    男性なら誰しも感じる賢者タイム。 オナニーでも女性とのセックスでも、ことが終わるとなぜああも冷静になるのでしょうか。 その場で確定申告ができるくらい冷静になります。 女性もセックスが終わると急に冷たい ...

  16. カッコウのヒナ

    【動画付】カッコウの托卵(たくらん)がえげつない 雑学:閑古鳥が鳴くと言うがこの閑古鳥はカッコウのこと

    カッコウは自分の卵を他の鳥の巣に産みつけて、そのままその鳥に育てさせるという習性があります。 なのでカッコウは卵を産むだけで自分で子育てをしません。 これを托卵(たくらん)といいます。 まぁこの托卵が ...

  17. パンダ

    パンダが見る用のアダルトビデオがある 雑学:繁殖能力が低いパンダにセックスを促す目的で見せます

    現在パンダは中国西部の山にしか生息していません。 昔は中国全土、近隣のミャンマーやベトナムに生息していましたが、中国での伐採や農地化、密猟によって劇的に減少してしまいました。 なので中国はパンダの保護 ...

  18. 日本人女性

    日本人女性は世界で1番イキやすい!? 雑学:その理由と根拠を日本人男性は知ってください

    「幸せな人生を送りたければ、アメリカ人の家に住み、中国人のコックを雇い、日本人女性と結婚すること」 という言葉があります。 この言葉と直接関係がないかも知れませんが、「日本人女性は世界で1番イキやすい ...

  19. たくさんの色

    エッチだと感じる色が国によって全然違う 雑学:ピンク映画とあるように日本でエッチな色はピンクです

    エッチやセックスを想像させるエロい色って言われたら何色を想像しますか? 日本人に聞けば十中八九「ピンク」と答えるでしょう。 ピンク映画というように、エッチな色=ピンクは日本ではかなり定着していますよね ...

  20. ピンクのバイブ

    バイブは女性をイカせる医療器具として使われていた 雑学:女性のヒステリーの治療のために用いられていました

    ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1800年代後半では、女性がイライラしたり落ち込んだりするのはすべて子宮に原因があると考えられていました。 いわゆるヒステリーですね。 ちなみにヒステリーは、ギ ...

Copyright© 雑学のすべて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.