ゴリラの学名が衝撃的すぎる! 雑学:学名には一定の規則がありラテン語で表記されます

ゴリラ
まず学名というのは、世界共通の名前みたいなものですね。

それぞれ国や地域で呼び方が違うと混乱するので、学名で統一しています。

そして、ゴリラには大きく2つの種類に分けられます。

ニシゴリラとヒガシゴリラです。

ちなみに私たちが動物園などでよく目にするのはニシゴリラです。

かたやヒガシゴリラは、絶滅の危機に瀕しているほど数が少なくなっています。

そして私たちがよく目にするニシゴリラの学名が、

「ゴリラ・ゴリラ」です。

さらに、世界で1番多いニシローランドゴリラにいたっては、

「ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ」という学名がついています。

マジで、どんな会議してこの名前をつけたんや

深夜まで浴びるようにお酒を飲んで、翌朝二日酔い全開の会議で2分で決めたんか!

と言いたくなるぐらい適当ですよね。

もう、「学名をつけたのがデュラン・デュランでした」って言われない限り、
私を納得させることはできないでしょう。

更新日:

関連雑学

Copyright© 雑学のすべて , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.