青色のペンで勉強すると記憶力が上がる 雑学:青色は気持ちをリラックスさせてくれる効果がある

青色のペンとノート
こんな実験結果があります。

2009年にブリティッシュコロンビア大学が600人を対象に行ったもので、
コンピューターの画面を赤と青で単語を表示し、記憶能力に違いが出るかを調べました。

結果、赤色は集中を必要とする勉強に効果があり、青色は想像力を必要とする勉強で効果があるということが分かりました。

ん?じゃあ、赤色の方が良いのでは?
と思いますよね。

ですが、アメリカの研究グループが行った実験で…

「赤色のペンがテストの成績を落とす」という発表をしているのです。

原因は赤がネガティブなものをイメージさせるからだとか。

赤に好ましいイメージを持つ中国で実験を行っても、アメリカと同じ結果になったそうです。

つまり、赤は潜在的に頭を使う課題にマイナスな働きをするということになります。

青色は、副交感神経を活発にしたり、気持ちをリラックスさせてくれる効果があります。

さらに時間の経過を感じさせないという効果もあるので、
暗記したり勉強するのに最適かもしれません。

受験勉強や仕事で覚えることがたくさんある方は、青色のペンを使ってみてはいかがでしょうか。

更新日:

関連雑学

Copyright© 雑学のすべて , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.