相手の家族を殺して求愛する熊の婚活がサイコパス 雑学:熊に遭遇したら目をそらさずにゆっくりと後退しましょう

熊
熊といったら「くまモン」や「リラックマ」などの可愛いキャラクターのモデルになっていますが、それとは似ても似つかない恐ろしい習性をもっています。

あまりに残酷なのでテレビなどでは滅多に放送されません。

まずはそんな熊の生態を紹介します。

熊は古くから狩猟の対象とされていましたが、信仰の対象としても崇められてきました。

大きい個体で体長250cm体重500kgにもなり、意外と知られていませんが熊はとても鼻が利きます。

なんと犬の7~8倍!

犬の嗅覚が人間の数千~数万倍ということを考えると、いかに優れているかが分かりますね。

また、熊は肉食性と思われがちですが、実は植物性よりの雑食なんです。

春は「フキ」「タケノコ」などの山菜、夏は「アリ」「ハチ」などの昆虫類、秋は「ドングリ」や「ブナ」などの木の実をたくさん食べます。

冬になると春まで冬眠して、6月になると繁殖期に入ります。

そしてこの繁殖期がかなりやばい…

まず、熊に夫婦という概念がないのでメス熊は複数のオスと交尾します。

オスは交尾するだけで子育てをしないのでメスが1人で産み1人で育てます。

問題は、この子連れのメス熊と発情したオスが出会った時…

なんと!オス熊は子熊を殺そうとします!

「子供が死ねば、寂しくて俺と交尾したくなるだろう?グヘへ…」

サイコパス!

熊サイコパス!

子供を殺されたら、メスは子孫を残すことができません。

なので、そのオス熊と新たに交尾するんです。

もちろんメス熊は子熊を殺されまいと必死に抵抗しますが、力でオスには勝てません…

これ、人間に置き換えたらかなりやばいですよね。

ゾッとします。

好きな人の子供を殺して自分に目を向けさせる。

こんないびつな求愛をする動物は実は他にもいます。

その代表的なのが「イルカ」です。

イルカの場合は、オスが子イルカを殺してメスと交尾するだけでなく…

たくさんのオスがメスを包囲して、長い時間かけて輪姦するというとんでもないこともするのだとか。

イルカのイメージが崩れていく…。

変に頭がいいから悪知恵が働くんですかね。

人間の世界でも動物の世界でも、女性が弱い立場なのは変わらないんですね。

女性が無理矢理セックスや交尾をさせられそうになると、女性器がパタッと閉じるようになっていれば…

なんてくだらないことをたまに考えています。

更新日:

関連雑学

Copyright© 雑学のすべて , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.