【新事実】オナニーすると記憶力や集中力が上がる 雑学:オナニーのしすぎと薄毛には医学的根拠はありません

夜中の勉強
一般的には、オナニーすると記憶力や集中力が落ちる↓↓

と言われていますが、これは精子と一緒に亜鉛が排出されるからです。

亜鉛は脳の機能を高めてくれる働きがあり、体内ではつくりだすことができないためオナニーすると記憶力が落ちるという理屈ですが…

確かに一時的に脳の働きは低下するかも知れませんが、ほとんど影響がないと言われています。

ボクサーが試合前に禁欲する
なんて話は聞いたことありますよね?

あれは精子に含まれるテストステロンが筋肉を増強させたり闘争心を駆り立てる作用があるからなのですが、科学的根拠はないそうです。

なのでオナニーをしない方がいいとは一概に言えません。

逆に、
オナニーを適度にした方が記憶力や集中力が上がる
という研究結果もあります。

突然ですが、こんな経験はありませんか?

長時間勉強をしていて集中力が切れた時に、ふとオナニーしたら頭がスッキリしてそのあとの勉強がはかどった。

私はあります。

受験の時は結構してました。

実は、オナニーするとオキシトシンやドーパミンといった快楽物質が分泌されて、絶頂時には脳内が一種の開放状態になります。

脳が瞬時にリフレッシュ状態になることによって、その後の作業に集中でき一時的に記憶力も向上するそうです。

しかし、毎日惰性でするオナニーでは効果は薄く、3日以上間隔を空けないとあまり意味がないのだとか。

精子が満タンになるのに3日かかりますしね。

オナニーを我慢して何かに頑張っているあなた、今日は少し息抜きして集中力を高めてみてはいかがですか?

更新日:

関連雑学

Copyright© 雑学のすべて , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.